体臭大事典 TOP > 体臭の原因と対策 >  エクリン腺とアポクリン腺1

エクリン腺とアポクリン腺1

■食塩水のようにサラッとしているエクリン汗■

エクリン汗を出す汗腺は、全身のいたるところにあり、1cm×1cmに100個以上もあります。
毛穴とは違い、目では見ることができないほど小さな汗腺なのです。

エクリン汗の成分の約99%は水分なのでサラッとしています。
その他に塩分・尿素・アンモニア・色素リポフスチン・ピルビン酸などほんの少し混ざっています。

エクリン汗が出ると皮膚は酸性に傾きますが、皮膚についた細菌の繁殖を防ぐ効果があるため、「臭い対策に一役買っているのです。

ですが、スポーツなどをした後に、わきの下などではなくシャツが臭うということがあると思います。
これは、エクリン腺の成分の中に微量の「臭い物質」も含まれているからです。
汗をアルカリにして最近を増やす「重炭酸イオン」は汗臭さを増やす元となり、脂肪酸も含んでいます。
水分の多いエクリン汗は蒸発しやすくシャツに吸着します。
そのため、わきの下などではなく「シャツが臭う」のです。

■栄養豊富・粘り気もあるアポクリン汗■

アポクリン汗を出す汗腺は、わきの下・へそ周り・耳の外耳道・乳輪・性器・肛門周りの限られたところだけにあります。
そして、毛穴から出てくる汗です。

男女とも第2次性徴期を迎える頃に大きく成長し、老年になると小さくなるという変化をする汗腺なのです。
大きさはイクラの粒くらいに大きくなり、たんぱく質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などなど、「体臭」の原因の物質を含んだ少し粘りのある汗をだします。

塩分を含まない栄養たっぷりの汗は、皮膚の上の細菌が繁殖するのに十分な環境となります。
そのときに出る発酵臭が「体臭」「わきが」の原因となります。

■皮脂腺の分泌物は汗の臭いを強くする■

エクリン腺・アポクリン腺のほかに、もう1つ全身にあるのが「皮脂腺」です。

皮脂腺とは、皮膚をやわらかく、潤いを保つ働きがあります。

汗は出ないものの、エクリン汗とアポクリン汗に皮脂腺が混ざると、非常に「強い臭い」になります。
この皮脂腺は、「動物性脂肪」をたくさん取ることで働きが活発になります。

つまり、体臭が気になる方やわきが体質の方は「動物性脂肪」を取りすぎないよう注意すれば、過剰な臭いをある程度抑えることができます。


Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1152) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/taishu.kenko-daijiten.com/cat82/post_10.html on line 81

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/taishu.kenko-daijiten.com/cat82/post_10.html on line 83

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 体臭大事典. All Rights Reserved.