体臭大事典 TOP > 体臭の原因と対策 >  臭わない良い汗と、臭う悪い汗

臭わない良い汗と、臭う悪い汗

■良い汗は、サラサラしていてすぐに乾く■

体温が高くなると血液からミネラル分・水分が汗腺に取り込まれます。
そして水分と塩分だけが皮膚表面に汗として現れますが、体にとって必要なミネラル分と水分は血液中に再吸収されます。
これ機能が活発であるほど「良い汗」といます。

汗腺から血液中への再吸収機能がしっかり活動している良い汗ほど、より水に近いサラサラの良い汗となって表面に出てきます。
水に近いということで蒸発もしやすく、気化熱によって体温調節も程よくスムーズにしてくれます。
スポーツなどをすると「良い汗」をかきやすいので、必要に応じてかく「気持ちの良い汗」といえます。

■悪い汗は、ベタベタしていて乾きにくい■

ミネラル分を再吸収せず、水分と一緒に体の外に出してしまう汗は、汗腺の機能が鈍ってしまっています。
皮膚表面に出てきた汗は、ベタベタしていて蒸発もしにくいので、体温調節が上手く行えなくなります。

恐ろしいことに現代人のかく汗のほとんどは、この「悪い汗」といえるのです。

肉類中心の食生活・生活環境・人間関係からのストレスなど、運動不足なども加えて汗をかく機会がとても少ないこと、それが悪い汗をかく大きな原因となっています。

オフィスなどエアコンがあるのが当たり前の環境に慣れてしまうと、汗腺の機能が衰えて腐敗物や角質などの不純物が、汗腺の中にたまります。
不純物の混じった汗は「臭い」の更なる原因になりえます。

不安や緊張などによる「精神性発汗」も突発的に大量に汗をかくため、ミネラル分の再吸収が上手く出来ず、結果「悪い汗」となってしまいます。

■良い汗は臭わないが悪い汗は臭い■

・良い汗
蒸発しやすくサラサラで少量の塩分を含んでいるので、皮膚表面の菌の繁殖を抑えて皮膚表面を酸性に保ってくれています。
そのため良い汗をかいてもそれほど臭くはならないのです。

・悪い汗
蒸発しにくくベタベタでミネラル分を含んでいるので、皮膚表面の菌が繁殖しやすく皮膚表面をアルカリ性にさせます。
そのため悪い汗をかくと臭いが強くなります。

悪い汗=臭い」となると、自分のかく汗はどちらなのか気になります。
では、簡単なチェック方法をご紹介します。

準備するもの:赤色リトマス試験紙
手順:赤色リトマス試験紙に汗を吸わせます。
結果「良い汗」:色の変化なしで赤色のままです。
結果「悪い汗」:く変化します。

臭いが気になる方は簡単に出来るチェックですので、試してみると良いと思います。


Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1152) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/taishu.kenko-daijiten.com/cat82/post_12.html on line 82

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/taishu.kenko-daijiten.com/cat82/post_12.html on line 84

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 体臭大事典. All Rights Reserved.