体臭大事典 TOP > 体臭の原因と対策 >  わきがの治療法1 一般的な治療

わきがの治療法1 一般的な治療

■わきが治療のための5つのポイント■

1)アポクリンを出さないようにする
2)エクリンを減少させる
3)皮脂腺の皮脂を出さないようにする
4)皮膚表面の細菌の繁殖を防ぐ
5)脱毛する

以上の5項目を目標に置き、わきが治療という呼び方ができます。

わきが臭がそれほど強くないのなら5つすべて出なくても一時的に臭いを抑えることができます。
脱毛だけでもそれなりの効果を得ることもあります。

梅雨などの蒸れる季節や、大事な日ににおいを抑えたいなどの一時的な治療を求める場合に効果があるからです。

では、わきがは気になるけれど手術までは...と考える方へ一時的な治療法をご紹介します。

■一番簡単!制汗スプレーや軟膏を使う局所的薬物治療■

一番安価で身近な治療方法は、デオドラントスプレーや軟膏をわきの下など臭いが気になるところへ塗ることです。

その抑え方は主に2つに分けられます。
1)わきの下の皮膚を収縮させてが出てくるのを抑える制汗剤。
2)細の繁殖を抑える殺菌剤。

最近では色々なタイプの制汗剤や脱臭化粧品などが販売されています。
ですがこれらの商品は「一時的な効果」を期待しているものなので、長期間使うものではないのです。
長期間使い続けていくと薬剤性皮膚炎などの思いがけない病気をもたらすことになります。

ドラッグストアやコンビニなどで販売されている制汗スプレー類は一時的に軽症のわきがの人には効果が見られるかもしれませんが、わきが体質の人が制汗スプレー類を使うと、制汗スプレーの匂いが臭いと混ざり、不快な臭いを増すことになります。

制汗スプレーなどデオドラント製品は、あくまでも「一時的に」使うもので、上手に利用するように心得て活用すると良いです。

■脱毛法から考案された電気凝固法■

美容法の一つとして脱毛法が発達していますが、わきが治療にも利用されているのです。

細い電極針をわき毛の1本1本に刺していき、高周波電流を流して毛根組織を熱で凝固させるという方法です。
元は脱毛法として開発されましたが、皮脂腺やアポクリン腺も一緒に凝固して破壊されるので、わきが臭にも一時的ですが効果があります。
なぜ一時的かというと、わきがの原因であるアポクリン腺は取り除かれてはいないからです。
わきが手術ではないのです)

絶縁針を使う新しい方法では、皮下約5ミリまで深く刺すことができ、通電時間を延ばしたり電圧を上げることでアポクリン腺に対しての凝固する効果をあげることができ、わきが治療法としてその精度を高めているのです。

わきがと言っても手術をすることまでは、と考えている方や、永久脱毛ついでにという人には、電気凝固法がオススメといえます。

■シワ取り効果のボトックスも効果あり■

完治ではなくてもある程度臭いを抑えたいという方には、プチ整形やアンチエイジングでよく聞くボトックス注射も効果が期待できます。

ボトックスとは、ボツリヌス菌が持つ毒素を無毒化した安全なもので、シワを取るなどの美容法に応用されています。
ボトックスをわきの下などの臭いの気になる皮下に局所注入することで、約60〜70%のを抑える効果があります。
を抑えるということは臭いも抑えることができるということです。

効果としては半年くらいと一時的ではありますが、安全性も確認され、臭いも気になる方なら、考えてみるのも価値のあることではないかと思います。


Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1152) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/taishu.kenko-daijiten.com/cat82/post_15.html on line 89

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/taishu.kenko-daijiten.com/cat82/post_15.html on line 91

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 体臭大事典. All Rights Reserved.