体臭大事典 TOP > 体臭の原因と対策 >  便が臭くなる三大原因

便が臭くなる三大原因

■臭い便は、腐敗物から身を守るための危険サイン■

便は臭くて当たり前ですが、どうして臭くなるのでしょうか。

もともと食べ物自体には「臭い物質」が含まれています。
その食べ物を私たちは食べ、私たちの体の中では「たんぱく質を分解」します。
そして、アンモニアなどの「臭い物質」が作られていきます。
これが便の悪臭の原因となります。

だからこそ私たちは、「悪臭(腐敗臭)=有害なもの」というサインを読み取り、身を守ることが出来ます。
もちろん「排泄物=腐敗臭」というわけではありませんが、悪臭が強くなるということは、体からの危険サインでもあるということです。

■便が臭くなる原因は3つ■

では、便が臭くなる原因を見ていきましょう。

・咀嚼(そしゃく)不足

小さい頃、誰でも一度は言われた、「よく噛んで食べましょう」。
よく噛むという事はとても大切なことです。
消化されにくいだけでなく、「臭い便」への近道になってしまいます。

その他にもよく噛むことで、虫歯予防・肥満防止・ボケ防止・学力アップ(集中力)・がん予防などの効果もあります。
ぜひ、よく噛んでたべていただきたいです。

・ストレス

ストレスは万病のもとですが、「臭い」にまで影響があることはご存知ですか?

食べ物は胃へ送られると強い酵素「ペプシン」の働きで消化されます。
しかしストレスを感じているとペプシンが正しく分泌されなくなり、胃の調子を悪くすることになります。
更にストレスが原因で便秘が起こり、排泄されないモノが腐敗して「悪臭」を作り出すのです。

・腸の汚れ

どんなに健康な大腸でも細菌は住んでいます。
ビフィズス菌などの善玉菌は大腸菌などの悪玉菌をやっつけて腸内バランスを整えてくれているのは、よく知られていると思います。
善玉菌が弱くなってしまうと、未消化のモノを悪玉菌が分解し「悪臭の原因」になる有害物質を作り出します。

腸が汚れると「臭い」だけでなく血圧や白血球などにも大きく悪影響をします。

40を過ぎると腸は汚れやすくなるため、排便の後「いつもより臭いな」と思ったら、生活習慣や食事などをこまめに見直すことで体調管理のひとつとなります。


Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1152) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/taishu.kenko-daijiten.com/cat82/post_8.html on line 82

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/taishu.kenko-daijiten.com/cat82/post_8.html on line 84

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 体臭大事典. All Rights Reserved.