体臭大事典 TOP > 体臭を上手に防ぐ暮らし方 >  冬に欠かせないフットケア

冬に欠かせないフットケア

■足の臭いを防ぐ5つの鉄則■

足の臭いが気になるのは、どちらかというと夏よりも冬なのです。
夏は、サンダルやミュールなど通気性の良い靴を履きますが、冬はブーツなどの群れやすい靴を履く機会ばかりです。
男性も女性も足の臭いケアと水虫などのケアを合わせ、徹することがポイントとなります。

1)制汗
2)ムレ防止
3)消臭
4)インナーソールで吸汗
5)靴の消臭防臭


1)制汗
夏ほど販売されていませんがドラッグストアなどに必ず置いてあります。
スプレーやクリームなど使いやすいもので、足の指の間や足の裏に塗ってあげます。
そして、ちゃんと乾かしてから靴下・靴を履くようにします。

足がかくが靴にしみ込んで臭いを発することもあるので、梅雨の時期によく出回っている「防水スプレー」を、靴の中にスプレーしておきます。
などの湿気を靴にしみ込ませないよう、防ぐことが出来ます。

2)ムレ防止
できるだけストッキングや靴下を履いて、素足ではない状態で靴を履くようにすると、足元のムレ防止に役立ちます。
女性の場合、つま先だけの靴下もありますが、をかきやすい人にはおすすめできない物です。
できれば、足をすっぽり覆う靴下を選んだ方が良いと思います。
靴下は、ただ履いているだけでその効果を発揮します。

男性でも女性でも足にをかきやすい人は、履き替えられるように予備の靴下を持っていると安心です。


3)消臭

ほとんどの消臭剤はスプレータイプですが、ストッキングを脱がなくてもそのまま使えるスプレーやシートタイプの消臭グッズが販売されています。

靴を脱ぐときや、臭いに気づいたら、こうした便利グッズを利用して臭いケアをします。

4)靴の消臭防臭

一日履いた靴を、スプレータイプの消臭剤・抗菌剤などを利用して靴の臭いケアをしてあげます。

靴売り場や100円ショップなどにも取り揃えてある、靴用の乾燥剤は消臭効果をプラスしているものが多いので、これらを靴の中に入れて陰干しをしてあげます。
できれば2日間くらい休ませてあげると効果的です。

出張などのお出かけの時には、金属の消臭効果・除菌効果に10円玉で代用が出来ます。

除湿をするなら寒い季節では使用済みの冷えたカイロや、お菓子の乾燥剤も利用できます。

その他、新聞紙や紙フィルターで入れたコーヒーカス紙フィルターごと乾燥させて、靴のケアをしてあげます。

■靴ケア、靴選びは足の臭い対策の基本■

ムレ」は足をわせる最強の敵です!
ご自宅でくつろぐときは、なるべく素足でいるようにしてみるとよいです。

ムレを防ぐために1日に数回は、靴を脱いで足をぬれたもので拭いたり、できれば洗い流してあげたりする習慣をつけると効果的です。

気に入っている靴は毎日続けて履いてしまいがちですが、靴についた雑菌臭いを残さないために3足くらいの靴を、毎日順に履き替えるようにすると、臭い防止のほかに、それ以上に長く靴を履き続けることが出来ます。

靴選びのポイントは、デザインはもちろん、通気性や柔軟性などの履き心地にも重点を置きます。
サイズもぴったり過ぎない足にちょうど良い物を選ぶと、足の緊張を防ぎ余計なをかかないようになります。

また、高いヒールや厚底などのファッション性が高い靴は、女性にとって履く機会が多いと思います。
がかきやすくなり、かかとの角質も硬くさせてしまうため、雑菌が繁殖して臭いの原因となります。

十分な臭い対策・臭いケアをしておしゃれな靴を楽しむようにしたいです。


Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1152) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/taishu.kenko-daijiten.com/cat85/post_33.html on line 89

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/taishu.kenko-daijiten.com/cat85/post_33.html on line 91

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 体臭大事典. All Rights Reserved.