体臭大事典 TOP > 体臭を上手に防ぐ暮らし方 >  デオドラント剤と上手に付き合おう

デオドラント剤と上手に付き合おう

■制汗剤・デオドラント剤の基本的な作用は5つ■

基本的なデオドラント作用は5つあります。

をできるだけ抑える
の繁殖を抑える
・発生した臭い消臭脱臭する
・心地よい香りでマスキング(隠す)する
・かいたを吸収・ふきとる

近所で購入できるデオドラント製品は、この5つのものを組み合わせて製品化しています。

防ぎたい臭い別にデオドラント製品を選ぶことが、臭いを防ぐポイントとなります。

■制汗作用の高いタイプと抗菌殺菌作用の強いタイプ■

わきがではなくても、わきの下の臭ささを抑えたい時にはパウダータイプ・スプレータイプが、使い心地にサッパリ感サラサラ感があるのでおすすめです。

スポーツや緊張などからの急なには、ふき取りタイプシートですぐにケアします。

殺菌作用の強いタイプの物は、特に皮膚が弱い人でなくてもかぶれてしまったり、黒ずんでしまったりと肌への影響が心配されます。
をかくことでの臭い対策なら、制汗作用の高い製品を選ぶ方が良いと思います。

一般的に販売されているデオドラントスプレー製品には、臭いの出るアポクリン腺のを抑える効果はあまり期待できないのです。
わきが対策に向いているのは、抗菌殺菌作用が強い直接皮膚に塗るスティックタイプ・ローラタイプ・クリームタイプなどの方が、効果があります。

もうひとつ、無臭や無香料タイプの製品を選ぶことも重要です。
わきがはデオドラント製品の香料が混ざると嫌なにおいに感じられます。
自分で気づかない場合が多いので、をかきやすい場所と、軽く制汗対策のように使い分けをすると良いと思います。

■使いすぎは汗腺をふさいだり、皮膚を傷めたりすることにも■

デオドラント製品との上手な付き合い方は、「部分的」「短時間」の利用目的にとどめておくことです。
デオドラント製品を使うことで、広い範囲の汗腺がふさがれてしまうことが心配なのです。

スポーツをした直後の背中など気持ちがいいからと広い範囲に制汗スプレーをすることがありますが、「広い範囲」に「長い時間」で「塗ったまま」というのだけは止めるように注意します。

敏感肌な方は、殺菌成分に負けてしまい皮膚トラブルを引き起こすことがあるので、外出先から帰ったときや、特に必要がないときには、ぬらしたタオルでしっかりとふき取るか、極力利用しないようにして、余計な肌トラブルを起こさないように気をつけて臭いケアをしていきます。


Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1152) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/taishu.kenko-daijiten.com/cat85/post_34.html on line 82

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/taishu.kenko-daijiten.com/cat85/post_34.html on line 84

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 体臭大事典. All Rights Reserved.